2010年05月12日

介護用具販売業者に破産手続き開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)

 介護用具販売などを手掛ける「スタックス」(東京都墨田区、堀正道社長)が、4月14日付で東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが5月7日までに分かった。負債額は約2100万円。

 東京商工リサーチによると、「スタックス」は1998年の設立。車いすや介護用ベッドなど介護用具の販売・レンタルのほか、手すりを取り付けたり、段差を解消したりといった住宅改修なども手掛けていた。しかし、事業規模が零細で、思うように事業展開が図れず業績が低迷。先行きの見通しが立たず今回の決定に至った。


【関連記事】
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁
歯科治療用機器販売会社が破産申請―東京
都内の老人ホーム事業者に破産手続き開始決定
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍
東京の医療機器卸売業者が民再申請

自公、予算委集中審議の開催を要求へ(産経新聞)
中国船、日本のEEZ内で海保船に接近 外務省が厳重抗議(産経新聞)
車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か−茨城(時事通信)
<トキ>2世誕生に期待 9日以降ふ化も…新潟・佐渡(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
posted by シオミ タダオ at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。