2010年03月31日

ハイチ「抗争や銃声に緊張」=PKO陸自1次隊長ら帰国−成田(時事通信)

 ハイチの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の1次要員約30人が24日、成田空港に帰国した。1次要員は同日で約200人全員が帰国。任務は2次要員約350人が引き継ぎ、現地の復興支援に当たる。
 1次要員の山本雅治隊長(50)は、取材に対し「現地は倒壊家屋がそのままの状態で悲惨な状況。がれき除去など任務は果たせたが、これからが本格的な復興支援」と説明。「治安は安定しているといいながら、ギャング団の抗争や毎晩銃声があり、緊張しながら作業した」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談
ハイチで耐震診断開始=防衛省派遣の技官
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業

<給油機接触>燃料130リットル流出 米軍嘉手納基地(毎日新聞)
雑記帳 「気持ちよく勝たせてあげちゃった」(毎日新聞)
「住民の葬儀情報を町議に漏らす」町長を告発(読売新聞)
“幻の大豆”宇宙ステーションへ(産経新聞)
神戸でも民家全焼 1人死亡(産経新聞)
posted by シオミ タダオ at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。